〔プラチナトロフィー17個目〕大神 絶景版(PS4)

この記事には「大神 絶景版」のネタバレが含まれます。

PS2で発売し、Wii・PS3・Steamと多くのハードに移植されてきた大神。
この度年の瀬に待望のPS4・Xboxへの移植が決まり、喜んだ人も多いのではないでしょうか。

PS2で5周くらい遊び、最後にプレイしたのはPS3でした。
久しぶりにプレイしましたが、もはやレトロゲーに片足突っ込んでいるPS2のゲームなのにほぼそのままの移植で今でも十分遊べるレベルを保っていることに名作の貫録を感じます。

トロフィーはPS3と共通です。
SENアカウントを作り直したため、初心に返ってゆっくり物語を楽しみながらトロフィーを取っていくことが出来ました。

どうしてもプラチナトロフィーを大晦日に取りたくて、ちょっと無理をしたのも良い思い出です。
それでは、トロフィーレビューをどうぞ!

トロフィー総評

難易度  
アクション要素はありますがとても簡単な部類です。
取得条件  
収集系と2つの時限トロフィーにさえ気を付ければ大丈夫のはず。
所要時間  
のんびりやって50時間超というところでしょうか。
トロフィーセット  
全て違う絵柄で、トロフィー名も凝っています。
トロコン後‥  
走っているだけで楽しい魅力的な世界観には時々帰りたくなります。

難易度

RPGとしてもアクションゲームとしてもかなり簡単です。

ゼルダのような謎解き要素もありますが、ヒントがくどいくらいに丁寧なのでそうそう詰まることもないでしょう。
難関といわれるカイポクレースは、どうしても無理だったら動画などでコースを覚えて何度か挑戦すればいけます。レースゲーではなくコース暗記ゲーです。

取得条件

収集系トロフィーが多めですが、こだわりがなければ攻略本や攻略サイトを見るのが手っ取り早いです。

自力で探そうとすると時間はかかりますが、リストがあるため(いちばん多いはぐれ珠99個は入手済の場所もリストに記載される)そこまで難しくはないはずです。
他ゲームの収集系トロフィーは大神のはぐれ珠リストを見習ってほしい。

収集系以外で注意点は4つ。
1周でトロコン狙いの場合、確認しておきましょう。

箱舟ヤマトに乗り込んでしまうと戻れない

最終ダンジョンである箱舟ヤマトに乗り込むと出られなくなってしまうので、取り逃したアイテムやサブイベントの回収などが不可能になります。

入る前にイッスンが赤文字で引き返せないことを教えてくれるので、一旦引き返してヤマト侵入前のセーブデータを分けておくことを推奨します。
ちなみにヤマト侵入前に回収できるトロフィーをすべて集めたときの達成度は77%で、残るのはストーリーの隠しトロフィー2つと「唯我独尊」「戦いの記録」「全知全能」の計5つです。

総合戦績の死亡回数について

総合戦績2ページ目

ラスボス撃破後に表示される総合戦績ですべての項目で神評価を得ることで取れるトロフィーがあります。

項目は「死亡回数」「総妖怪討伐数」「総取得金額」「総取得妖怪牙数」「総取得幸玉数」の5項目。

「総妖怪討伐数」「総取得金額」「総取得幸玉数」は他トロフィーの回収をする上で自然と神評価になると思うので気にしなくてもOKです。
「総取得妖怪牙」は300本以上で神評価になります。交換アイテムが便利なので、序盤から積極的に集めましょう。

注意が必要なのが「死亡回数」で、5回以上死んでしまうと神評価が得られません。
落下して落下前地点に戻されたときや、戦闘で死亡したが異袋によって復活した場合は死亡回数にカウントされません。

時限トロフィー「九死に一生」

九死に一生

ゲーム中盤に難破船へ侵入することになります。
最深部であるアイテムを入手して脱出する際、逃走イベントが発生します。その1回限りのイベントで失敗したらトロフィーが取得できません。

セーブポイントは入り口付近にあるため最深部まで行ってしまうと戻るのは少し面倒ですが、不安な人は最深部っぽいところで宝箱を開ける前に戻ってセーブしておくと安心です。

どうしても逃げ切れない!という方や確実に一発でクリアしたいという方は、逃走イベントが始まったら即×ボタン連打で逃げ、そのまま溺れてください。
飲み込まれずに浜へ辿り着けばOKなので、溺れて浜に強制送還することでトロフィーが取れます。

時限トロフィー「戦いの記録」

ストーリーを進めてしまうと入れなくなる場所にしか出現しない妖怪が2体いるので、それらを逃してしまうとアウトです。

烈火雲外鏡(れっかうんがいきょう)

烈火雲外鏡は宝帝の屋敷に出現します。
ダンジョンを進むと宝帝が蚊帳の奥で寝ている場所に出ますが、そこに出現する2つの妖怪絵巻のうちの1つ、入り口から見て奥側が烈火雲外鏡です。

屋根裏へ進む前に、しっかり殴り飛ばしておきましょう。

埴輪大凧(はにわおおだこ)

埴輪大凧は幽門扉をくぐった先、100年前の神州平原に出現します。
ヤマタノオロチを倒す前に、忘れずに殴りたおしておきましょう。

ここから熱いイベントが続くので、記念セーブデータを残しておくのもおすすめですよ。

ちなみに神州平原で逃しても、箱舟ヤマト内にも出現するようです。※確認したら追記します。

所要時間

総合戦績1ページ目

のんびり自力プレイで43時間でした。

PS2版やPS3版、Wii版で何度かプレイしている上での記録なので、初見だともう少し時間がかかると思います。
ストーリーが良いゲームなので、個人的には散歩でもするつもりでのんびり楽しんでほしいですね。

トロフィーセット

アイコンはトロフィーに合わせてすべて絵柄違い。
トロフィータイトルも端的でわかりやすく、かつ大神らしい粋を感じるものもあり、思い出の振り返りにもぴったりです。

ストーリーのお気に入りトロフィー

憎めない敵キャラも大神の魅力ですが、疾飛丸はトロフィーのおかげでより印象深くなりました。
味美さんのトロフィーも欲しかったですね。

ストーリーのトロフィーはどれも思い出深いですが、タイトルが好きなのは「花と散る最期」です。

幸玉のデザイン、いいですよね

へんな形のダイコン

ストーリー以外で気に入っているのはこの2つ。
ヘンな形のダイコンはゲームだとだいたい出現した途端に取っちゃってよく見られないので、こうしてトロフィーアイコンでいつでも見られるのは嬉しいですね。

トロコン後‥

クリア特典が豊富なんですけど、2周目以降もストーリー等大きな変化はないのでせっかくのクリア特典が活かしきれないのが残念‥‥と、PS2当時から言われてましたね。

イッスンやら他の誰かやらが出してくれるヒントを先回りして攻略していくと、その都度みんなが驚いてくれるので、全知全能の神っぽさをちょっとは味わえるかもしれないです。
ゲーム後半は空が暗くなってしまうので、2周目で久しぶりに明るい神州平原を走り回ってみるのもわりと気持ちいいですよー。

これからプレイする人のために

攻略お役立ちリンク

攻略サイト

お好きなところをどうぞ。

当ブログの攻略記事

魚釣りが苦手なかた向けの記事です。

お楽しみリンク

大神11周年記念 わんわんスペシャルコレクション

 

この記事を書いたひと

Kou Toyophara
Kou Toyopharaとよはら こう
ゲーマーな両親の間に生まれ、ゲームハードに囲まれて育ったライトゲーマー。事前情報や攻略は見ずにぶっつけ本番でプレイするのが好き。最愛ハードはスーファミ。レトロゲーから最新ゲーまで、ジャンル問わず広く浅く嗜みます。

〔PS4〕オンラインID:toyophara
〔Switch〕フレンドコード:SW-6674-3245-3608

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。