〔プラチナトロフィー35個目〕√Letter Last Answer(ルートレター ラストアンサー)

この記事には「√Letter Last Answer」のトロフィーのネタバレが含まれます。

プラチナトロフィー35個目『√Letter Last Answer』

2018年12月20日発売のアドベンチャーゲーム。
2016年6月16日に発売された「√Letter」に追加シナリオと実写版モードを加え、システム面にもテコ入れがされた完全版です。

いろいろ物議をかもした問題作がパワーアップして帰ってきた! ‥‥ってかんじのゲームでした。
内容について突っ込んでたらきりがないので、この記事では潔くトロフィーのことだけ喋ります。

トロフィーレビュー

難易度  
とってもかんたん。
所要時間  
追加分だけ遊ぶなら4時間くらい。
トロフィーセット  
前作と同じものも多々。
トロコン後‥  
ドラマ版とオリジナル版の違いを楽しむのも良いかと!

難易度

選択式アドベンチャーゲームで、プレイスキルを要求される場面は一切ありません。
出演俳優さんのファンで普段はゲームをやらない方などにもやさしいです。

主人公マックスの尖り過ぎた個性は今作でも健在ですが、マックスな恫喝も声の良さで若干許せる感じになっている気がしなくもないです。

システム面のテコ入れの恩恵が大きいため、トロフィーの取得難易度は前作よりも格段に易しくなりました。作業トロフィーがほぼないようなものなので嬉しい。

所要時間

ドラマパートが追加されましたが、本筋のストーリーは前作とまったく変わりません。
ドラマパートには興味がなく追加シナリオだけが目的の前作クリア済プレイヤーなら強制スキップで1周目を高速クリアして大体1時間半くらい。あと4つのエンディング回収ですが、3章と8章がスキップ出来るようになったので1つ回収するのに15分もあれば十分です。
しまねっこ探しとカクテル作りはトロフィーに関係なくなったので、前作との共通部分を完全クリアするには3時間あれば余裕でいけるはず。追加シナリオ4編はメインメニューから直で飛べるので、それをたっぷり楽しんで計4時間~5時間というところです。

もちろんこれは前作との共通部分を強制スキップですっ飛ばした場合の話なので、「初めてプレイするよ!」とか「ドラマパートを改めて楽しもう!」とか、そういう方は数十時間楽しめるくらいのボリュームはあります。

前作と共通のトロフィーを全て取得した時点でのトロフィー達成度はこれくらい。
これを見てわかるとおり、追加シナリオ自体は短めです。ボリューム不足は否めませんが、やたらと濃くて私的には満足でした(笑)

トロフィーセット

ブロンズ10、シルバー15、ゴールド5、プラチナの計31個です。

トロフィーセットも前作と共通のものが多いです。
「〇〇の便箋」というタイトルの横に封筒の絵が並ぶシュールさも健在。

前作のトロフィーセットがとても好きだったので良いのですが、せっかくならトロフィーセットも実写版で見たかった気持ちもちょっとあります。

そういえば今作唯一の作業トロフィー、地味に緩和されてます。上が今作、下が前作。回数が甘やかされているせいか、トロフィーのグレードもダウンしているところが芸が細かいというかなんというか。

トロコン後‥‥

最初は実写版に引き気味だったのですが、予想以上に役者さんがはまってまして当たり前のように最初から最後まで実写版でプレイしました。
なのでオリジナル版(イラスト版)の方で追加シナリオを遊んでみようと思っています。

攻略記事リンク

↓ルートレターLA攻略中です!↓
【一周目攻略チャート|√Letter Last Answer(ルートレターLA)】
【エンディング5ルート攻略チャート|√Letter Last Answer(ルートレターLA)】

[amazon_link asins=’B07HRY8399,B07HRV4921,B07HRYQ5HD’ template=’original’ store=’livesketch-22′ marketplace=’JP’ link_id=’3e52023b-0499-11e9-adf8-ede4456d0f16′]

4 thoughts on “〔プラチナトロフィー35個目〕√Letter Last Answer(ルートレター ラストアンサー)

  1. こんにちはっ!

    おお~!もうクリアされたんですね!流石!ヽ(^。^)ノ
    攻略記事まで仕上げられているとは仕事が速い!参考にさせて貰いますよっ。
    割とプレイ時間短い様なのでブログ書く合間に無印版2機種分で散々読んだところ(特に飛ばせない3章とか8章とか!)はスキップして気になる後日談を読むとするかな。あの結末からの続き、凄く…気になる(`・ω・´)

    今回もトロフィーが機種別だといいなぁ。記念すべきプラチナ150個目はルートレターにしよう!

    1. Kou Toyophara より:

      きいろにいさーん、こんにちは!
      無印版散々遊んだ我々のようなユーザーにとっては、プレイ時間の9割がぶっちゃけ作業です(笑)
      追加シナリオは‥‥ものすごく√Letterでした! きいろにいさんの感想、楽しみにしてます!

      トロフィーはVitaとPS4で別でしたよ!
      Vita版、ちょっと欲しくなっちゃいました(笑)

  2. こんばんはっ!
    怒涛の連勤お疲れ様!風邪やインフルにかかっていない様で何より、まだまだ寒いのでお互い健康に気を付けよう(`・ω・´)

    Toyophara氏の攻略記事を参考にLast Answer両機種ほどトロコンしました!記事作成お疲れ様です!凄い分かりやすくて助かったよ。追加要素も全部堪能したけど、色々な意味でリメイク前と変わらない雰囲気で良かった(笑)想像した結末と少し違う内容だったけど、やはり政府の陰謀ルートは最高でしたワ!

    うちも近々感想込みのトロフィー記事をアップする予定ですが、もし良かったら記事内にToyophara氏の攻略記事をリンクさせて頂きたいです
    お断りでも全然大丈夫!無理言ってごめんよ。

    1. Kou Toyophara より:

      おー!! Last Answerクリアおめでとうございますっ!
      にいさんならきっと攻略なくてもすいすい行けたんじゃないかなって思うけど、ちょっとでもお役に立てたなら嬉しいです!
      もうあれほんと凄かったよね、追加要素ww
      潔いくらいのボリュームのなさなのに、胃もたれしそうなくどさ。貶してるみたいになるけど、どうしようもなく好きです(笑)

      にいさんの想像してた政府の陰謀ルートの結末気になる!
      今回は前作の時みたいな、ユーザーのオリジナルストーリーコンテストとかやらないのかな。あったら「政府の陰謀ルート 真相編」とかで参加どうですか、にいさん!

      記事へのリンク、喜んで! にいさんのブログでご紹介いただけるなんて光栄ですよー!!(*´▽`*)
      うちのブログはどの記事へもリンクフリーなので、ドンドンバンバンご自由にどうぞです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。