〔プラチナトロフィー2個目〕ハーレム天国だと思ったらヤンデレ地獄だった。

ハーレム天国だと思ったらヤンデレ地獄だった。と思わせておいて猟奇殺人同好会だった。

Playstation Nowに加入して気になるソフトを片っ端から齧っている最中、うっかりトロコンしてしまった「ハーレム天国だと思ったらヤンデレ地獄だった。」のトロフィーレビューです。

トロフィー総評

難易度  
これ以上簡単に出来ないくらい簡単です。
取得条件  
エンディングを余さず回収すればトロコン出来ます。
所要時間  
ゆっくり読んでも10時間かかりません。ノベルゲーなのに‥‥。
セットアイコン  
種別ごとに色違いのマスコットキャラクターイラスト。
トロコン後‥  
もうおなかいっぱいです。

難易度

これ以上ないくらいに簡単なノベルゲームです。
攻略サイトなどを見るまでもありません。

選択肢も少ない上に間違った選択肢を選ぶと速やかにバッドエンド行きと、ある意味とても親切です。
選択肢が出たらセーブして、バッドエンドを回収しながら進めていくだけで気づけばプラチナトロフィーが取れています。

取得条件

バッドエンドを含む全エンディングを回収すれば、そのままトロコン出来ます。

攻略サイトに頼らずとも自力トロコン可能なのは好ましいはずなのですが、あまりにゲーム性がなさすぎてもうちょっと何かさせてください‥‥と思うレベルで楽勝です。

所要時間

あまりおすすめはしませんが、噂によると未読スキップ利用でトロコンまで1時間ほどだそうです。

普通に読んでも10時間掛からない短さでした。10時間掛けて読む価値があるストーリーかは‥‥個人差があると思います。

セットアイコン

作中で重要なポジションを務めるマスコットキャラクター「いざえもん」のイラストが、トロフィー種別ごとに色違いで使われています。書き下ろし‥‥かな、たぶん。
プラチナのみメインビジュアル画像の使い回しです。

本編中の選択肢のやっつけ仕事ぶりに負けず劣らずのやっつけアイコンという感じですが、トロフィータイトルの淡々とした雰囲気は嫌いではないです。お気に入りは佐優理バッドエンドの「血の下校」「胎内で」と、全エンディングコンプの「ずっと一緒」。特に「ずっと一緒」のちょっと背筋が寒くなる感じはヤンデレっぽいといえるのではないでしょうか。本編はヤンデレというよりシリアルキラーでしたけど。

トロコン後‥

ハーレムでもヤンデレでもなく、B級ホラー‥‥??? という感じでした。

グラフィックの雰囲気やオチの後味の悪さなど、個人的に好きな要素もちらほらありましたが、一度クリアしたらもうお腹いっぱいです(笑)

この記事を書いたひと

Kou Toyophara
Kou Toyopharaとよはら こう
ゲーマーな両親の間に生まれ、ゲームハードに囲まれて育ったライトゲーマー。事前情報や攻略は見ずにぶっつけ本番でプレイするのが好き。最愛ハードはスーファミ。レトロゲーから最新ゲーまで、ジャンル問わず広く浅く嗜みます。

〔PS4〕オンラインID:toyophara
〔Switch〕フレンドコード:SW-6674-3245-3608

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。