第二のダンジョンへ|香川ルールで龍が如く!9時間目

この記事には「龍が如く7 光と闇の行方」のネタバレが含まれます。

前回までのあらすじ

赤ちゃんプレイ‥‥おむつ‥‥。
うっ‥‥頭が‥‥。

気を取り直しまして、すっ飛ばしがちなメインストーリーについて。
どうも最近お休みしがちな嬢・なのはさん(漢字ど忘れ)の様子を探ることになった春日一行は、彼女が病気がちなお父さんを「陽だまりの城」という老人ホームに入所させ大金を必要としていることを知ります。
しかし彼女はお父さんに会うことも許されていないようで、施設からはヤクザ絡みの胡散臭いにおいがプンプンと漂ってきてめっちゃ怪しいです。
そこで春日は清掃員、足立は警備員、ナンバは介護士として陽だまりの家に潜入することになりました。そして三人は厳重な警備が設けられた最上階で、殺人と思しき行為が行われていることを知るのでした――。

介護施設からヤクザの事務所へ!

内臓でも抜いて売ってるのかなーと思ったんですが、結論からいえば違いました。
そもそも老人ホームなんで、抜ける臓器も消費期限的にどうなのかって話でしたね。

これは意識のない老人に得体の知れない注射をぶっ刺そうとしている外道な医者の外道なシーンなのですが、全部終わってから見ると‥‥うーん、なんともいえないモヤモヤ感。

いろいろ思うところはありますが人命最優先!
外道ドクターとボディガードの皮を被った外道ヤクザをぶん殴ってお父さんを救ったあとは、このアコギなシノギをえらい人にチクるべく星龍会へと乗り込むことに。

文句言いつつこんなところまで付き合ってくれるナンバと足立っさん、めっちゃいいやつ。
この星龍会本部ですが、足立っさんと侵入した下水道以来2個目のダンジョンです。侵入前に「回復アイテムとか装備とかを整えておこう‥‥」みたいな警告が出るのでとっても親切ですね!
まあ行けるだろうと思ってそのまま突入したらそれなりに苦労したので、素直に有り金はたいて防具ぐらいは整えておきましょう。下水道に比べるとけっこう長めのダンジョンです!

建物内を行ったり来たりして辿りついた最奥で、星龍会会長「星野龍平」さんとご対面。
あーなるほど、だから星龍会かあ!
星龍会ってなんかチャイナっぽい感じがするので、日本のヤクザを名乗ってるけど実はずぶずぶチャイナなのでは? ‥‥などと要らん憶測を働かせてたんですが、ジャパニーズ納得です。
でも改めて見ても「横浜星龍会」って言われると小籠包出てきそうな感じしません??

会長との会話の中で、荒川の親っさんを今どう思っているのか、一番さんがはっきりと言葉にするシーンがありました。
メンタル豆腐ってお前うそだろ‥‥撃たれても尚揺るがないこの思慕よ‥‥。
このシーンの直前に笑いながら「まぁ嫌われちまったのかな」っていうところ、子供っぽくすら見える無邪気な思慕と狂信者じみた盲目的な思慕がごちゃ混ぜになって得体の知れない怖さがありましたねー。

あと全然関係ないっちゃ関係ないんですけど、このゲーム一番さんだけあからさまに目ェ綺麗じゃないですか?
他のモブキャラとか焦点合ってなかったり目に感情なかったりしますけど、一番さんは特に目の表情が作りこまれてるように見えます。モーションキャプチャーでは目の動きは取れないのでグラフィッカーさんたちが手作業で作り込むらしいんですけど、やっぱり主人公だしってことで気合入ってるだけかなあ。ここまで違うと気合とはまた別で意図的に輝かせてるんじゃないかなあって思うんですけどね。

ともあれダンジョン「星龍会本部」クリアー!
なのはさんのお父さんも無事で、なのはさんも無事! ミッションコンプリート!

店長に報告!‥‥のその前に

マップの右上(普段うろついてるところからかなり遠め)にサブクエストマークが出ていたので、せっかくだし行ってみることに。

でも想定以上に敵が強い。
こっちレベル14なのに相手23ですよ! しかも数も多い!
この戦闘はなんとかしのいだものの、まともに戦ってたら生きて帰れないので全力で敵を避けながらサブクエストマークへ向かいました

苦労したおかげでミニゲーム「ドラゴンカート」が解禁されました!
マリオカートでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。