4人目の仲間|香川ルールで龍が如く!10時間目

この記事には「龍が如く7 光と闇の行方」のネタバレが含まれます。

前回までのあらすじ

老人ホームで行われていた非道なシノギをぷちっと潰した春日一番一行は、雇い主であるソープ店長に報告するため帰路を辿るのだった。

ソープに戻ると‥‥

で、意気揚々と帰ったところお出迎えがこれ。

やめてよぉ‥‥こんなん絶対自殺じゃないじゃん‥‥殺しても死ななそうな店長だったのに‥‥。
状況は不自然極まりないのですが、自殺という形ですんなりお葬式まで進みます。

が、告別式が終わった後、3人の前に現れたなのはさんそっくりな女性がここぞとばかりに糾弾!
彼女は向田紗栄子さん。つい先日助けたなのはさんの双子のお姉さんです。髪型の印象違い過ぎて「え、どこがなのはさんに見えるのこの人‥‥?」ってなりました。
ここはぜひスクショで比べてみたいですが、なのはさんのスクショなかったです。

それはさておき紗栄子さん、殺された店長のことをクズ野郎呼ばわりするなかなかパンチの利いた登場をするのですが、まあいろいろ思うところもあったようで店長の死の解明を春日たちに依頼してきます。
依頼というよりは手伝ってほしいって感じかな。熱い涙を流しながら懇願されては応えなきゃ男が廃るってもんですね!
そんなこんなでさっちゃんという仲間が増え、パーティは4人に!
おおー、遂に戦闘フルパーティが揃いましたね!

さっちゃんは店長が殺される直前まで彼と電話をしていたようで、そこで聞こえた中国語から犯人の手がかりを得ます。
どうも中華マフィアのヘッドがあやしいぞ! ということで、彼らの領域に潜入!

料理に一家言ある中国さんらしい脅し文句ですね。汚い革っていうのは春日さんたちの面とか他の部位とかのかわのことを言ってます。
これ見た時、剥いだかわを饅頭(の皮)に使うんだと思って「いやいやいやバレるだろグッロォ‥‥」って突っ込んだんですが、正しくはたぶん剥いでなにかわからない肉塊になったら饅頭(の具)に使うってことですね。

いやいやいやどっちにしてもグッロいわぁ‥‥。

香川ルール慣れてきたかも!

ちょっと中途半端なところですがタイムアップ!
最近は1時間経つ前に数十秒残しで切り上げられています。ちょっとは慣れてきたのかも!

他のゲームは普通に時間無制限でやる、とは言いましたがなんだかんだでこの10日間はほぼこのゲームしかやってません。
なのでマジで1日1時間のゲーム生活なわけですが、やってみるとそこまで悪くはないです。やっぱり一時間は短すぎるという感覚は否めませんが、適宜休息をとるのは大事だなと思いました。
デザートとか初デートとかと一緒で、ちょっと物足りないくらいがちょうどいいのかな。あと物凄くブログ書きやすいっていうのが個人的にポイント高いです。

ただ、条例なんかで強制することではないなとは思いますね。
あと香川県の条例は1時間の中にネットも含まれるそうなので、それもだいぶひっかかる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。