〔スーパーマリオランド2 6つの金貨〕レビューの予習に~その2

今週はちょっとバタバタしてるので手短記事が続きます。

ゲームなどの「みんなのトラウマ」(参考:アニヲタWikiさん的なものを見るのがわりと好きで、その手のまとめ記事を見るとついつい読んでしまいます。
「はらへりじじい(風来のシレン)」とか「シャドウゼロ(聖剣伝説3)」とか今見てもビビりますし(笑)、他にも怖がっていた人がいると思うとなんとなくホッとしますね。

でも中にはあるわけです、私的には物凄く怖かった記憶があるのに他の誰に聞いても「???」みたいな顔をされるソフトが!
それがこれ、「スーパーマリオランド2 6つの金貨」です。

首を伸ばした亀に飲み込まれる

どこがどう怖いっていう具体的な怖さじゃなくて、なんかもう全体的に怖かったんです。
BGMも聴いていると不安になってくるし、敵グラフィックは得体の知れないものが多いし、マップもそこはかとなく怖い。
個々は大したことなくても、ひっくるめると総合的にけっこう怖い‥‥。6つの金貨はそんなゲームでした。

ホラーステージ

ホラーテイストなパンプキンゾーンというステージがありましたが、そこはまぁ別に怖くな‥‥かったんですけど、今改めて見たら背景に墓並んでるじゃないですか‥‥。
しかもマリオの左横のコレたぶん棺ですよね‥‥こっわ。

ここが一番怖かった

はっきり覚えているのはこのマリオゾーンのマップ(?)である機械仕掛けのマリオが怖くて怖くて仕方なくて入りたがらなかったこと。
今はさすがに怖いとは思わないんですけど、不気味だなあと感じます。

あー、今自分で言ってすごくしっくり来ました。
怖いっていうか不気味なんですよこのゲーム!
雰囲気がすごく不気味。

怖がりながらもずっとやってたんですけどね、当時。
個人的にははじめてやったホラーゲーだと思ってますw

この記事を書いたひと

Kou Toyophara
Kou Toyopharaとよはら こう
ゲーマーな両親の間に生まれ、ゲームハードに囲まれて育ったライトゲーマー。事前情報や攻略は見ずにぶっつけ本番でプレイするのが好き。最愛ハードはスーファミ。レトロゲーから最新ゲーまで、ジャンル問わず広く浅く嗜みます。

〔PS4〕オンラインID:toyophara
〔Switch〕フレンドコード:SW-6674-3245-3608

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。