たまにはコントローラーじゃなくて鉛筆を

ゲーム内ミニゲームで、新たなゲームジャンルの良さを知ることってありますよね!

To Heartでシューティングに目覚めたりだとか。
To Heartでパズルに目覚めたりだとか。
To Heartで横スクロールアクションに目覚めたりだとか‥‥To Heartつえーな!!

私も最近プレイしたゲーム内ミニゲームをきっかけに、今までまったく興味がなかったゲームジャンルにハマりました。
コレです!!

クロスワードです!!

‥‥ゲームには違いないですよね?
このブログで取り扱うべきジャンルかどうかはさておいて、ゲームってところは間違ってないですよね?

きっかけになったのが「ペルソナ5」。
主人公の居候先である喫茶店にたまーに置いてあって、実際に簡単なクロスワードが遊べます。解けるとパラメーターが上がるので、前半勉強と読書しかしていなかった主人公の貴重な娯楽要素でした。

かなり簡単な内容で、ある問題はコーヒーと喫茶店がテーマでお題が「目が覚めます」。
他のマスは一切埋めずに「カフェイン」を入れて正解になるようなゆるーい難易度ですし、プレイ中は特にハマってる実感はありませんでした。

でも今おもえば、イベント進行の兼ね合いなどでやりたいのに遊べないクロスワードが机の上に置かれているのを見るのがP5でいちばん辛かったので、かなり気に入っていたんですね。

ゲームクリア後、思い出すのはおそらく全てやり込めなかったクロスワードのことばかりだったので、クロスワードロスにはクロスワードで対抗するしかないと思い書店で購入してきました。

いろいろあって迷いましたが、真っ先に目についてかつ直感でこれ!と思ったものを選びました。
なんだか早すぎる認知症予防に必死な人みたいでちょっと複雑な気分ですが、ぺらぺらめくったら期待以上に面白そう!
正直やることない老人の暇つぶし的なマイナスイメージが合ったのですが、めっちゃ失礼でしたね。改めます。

一口にクロスワードといっても種類が色々あるようで、とてもバラエティに富んでいます。
せっかくだしプレゼント付きのクロスワードを先にやって、応募とかしてみようかなあ。

ジャンルがジャンルだけにプレイログを書くわけにも行きませんが(笑)たまにはこういうアナログなゲームもいいものですね。

そうそう、驚いたのが価格。
中の印刷はほぼ単色とはいえけっこう分厚いので980円(税抜)くらいするのかなと思ったらなんと709円(税込)ですよ! お安い!!
ゲームアーカイブス1本分くらいのお値段で110問も遊べてしまうコスパの良さ。これはハマるかも!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。